ロボアドバイザーの口座タイプ!税金の申告は必要? | ロボアドバイザーって本当に儲かるの?

ロボアドバイザーって本当に儲かるの?
Home » ロボアドバイザーでインデックス投資を始めよう! » ロボアドバイザーの口座タイプ!税金の申告は必要?
ribbon

ロボアドバイザーの口座タイプ!税金の申告は必要?

今回は、ロボアドバイザーの税金に関するお話をしたいと思います。
ロボアドバイザーで得た利益は「所得」になりますので、場合によっては確定申告をして納税しなければなりません。
ただ、選ぶ口座のタイプによっては、確定申告は不要になりますので口座開設をする時にはどの口座を選ぶのか注意をしなければなりません。

ロボアドバイザーの口座には、次の三つの口座タイプがあります。
まずは一般口座と呼ばれるもので、これは確定申告に必要な取引計算書を自分で作成して、納税も自分で行わなければならないタイプの講座です。
複数の金融商品を申告しなければならない人は、このタイプの口座を選ぶことになります。

確定申告が不要になるのは、特定口座の源泉徴収ありを選んだ場合です。
特定口座は確定申告に提出する必要書類を全て業者側が作成してくれる口座ですので、申告の際の手間を大幅に減らすことができます。
さらに源泉徴収ありを選んでおけば、確定申告も不要になりますので税金の申告に関する手間が全くかからなくなります。
経費を計上して、還付申請が必要になるようなケースでは、修正申告を行う必要がありますが、それ以外の人は特定口座の源泉徴収ありを選んでおけば、間違いないと言えるでしょう。

ちなみにロボアドバイザーには、NISAのような非課税枠は用意されていませんので、確定申告をする時には、所得額を全て申告することになります。
NISAは、一定額までの投資枠であれば、非課税対象になるという特別な制度のことで、ロボアドバイザーの投資対象銘柄にはNISA対象(非課税対象)の銘柄は含まれていません。

ロボアドバイザーとNISAはどっちがおすすめなのかと言うと、それについては個人の好みもあるかと思いますが、大きな金額を長期的に運用する場合は、ロボアドバイザーがおすすめです。
ロボアドバイザーの方が手数料が安く、資産運用の手間が全くかかりませんので、本業の仕事をしながらでも、手軽に資産運用の状況だけを確認して管理することができます。
自分で銘柄を選んで管理を行う必要があるNISAと比べて、労力が一切かからないのがロボアドバイザーサービスの良いところです。
サービスが気になっている人は、ロボアドバイザーについて、提供している各業者の情報を細かくチェックするようにしましょう。
業者によって手数料体系が違いますので、できるだけ運用管理コストが安い所を選んでおくのが、肝心かと思われます。