ロボアドバイザーの仕組みを徹底解明 | ロボアドバイザーって本当に儲かるの?

ロボアドバイザーって本当に儲かるの?
Home » ロボアドバイザーでインデックス投資を始めよう! » ロボアドバイザーの仕組みを徹底解明
ribbon

ロボアドバイザーの仕組みを徹底解明

ロボアドバイザーを使えば初心者でも、複数の銘柄を同時に運用する分散投資が可能です。
今回は、そのロボアドバイザーの仕組みについて、詳しく解説していきたいと思います。
ロボアドバイザーは、取引を自動で行う新しい形の資産運用サービスです。
これまではインディケーターを使ったシステムトレードが主流でしたが、それとはまた違った取引手法になります。

システムトレードとロボアドバイザーは、一体何が違うのかと言うと、システムトレードは売買を自動で行うプログラムであって、資産運用全体を管理するプログラムは含まれていません。
システムトレードは、セットするだけで、オートマチックに取引ができる大変便利なサービスです。
自分で開発をすれば無料で使うことができ、MT4のような金融商品プラットフォームを活用すれば、自分で開発した自動売買プログラムを走らせることができます。
ただしこのシステムトレードには、銘柄の選定を行い、ポートフォリオを入れ替えて最適化する機能は備わっていません。
システムトレードのインジケーターは、あくまで取引の命令を実行するだけとなります。

一方、ロボアドバイザーは、資産運用全体を管理するシステムです。
例えば、1000万円を口座に預けたとしたら、その1000万円を自動で積立てを行い、投入された資金は儲かりそうな銘柄を自動で分析して、資金を投入していきます。
この時の銘柄選定は投資家の最良ではなく、独自のアルゴリズムが自動で行います。
この点がシステムトレードとロボアドバイザーの大きな違いであり、優れた点だと言えるでしょう。
他には、複利運用を自動で行う機能もロボアドバイザーには備わっています。
金融アルゴリズムが独自の判断で銘柄を決済して、それで得た利益を再投資していきますので、高い利回りを稼ぐことができます。

このようなロボアドバイザーは誰向けのサービスなのかと言うと、一番は、投資の初心者が資産運用を始める際に、ぜひやってもらいたいサービスだと思います。
投資を初めてやる人が、デイトレードなどの、リスクの高い取引から入ってしまうと、なかなか資本金を増やせないまま、終わってしまうことが多いです。

短期売買は訓練をしないままやってしまうと、ほとんどのケースで負けてしまいます。
中にはセンスのいい人で、短期売買を始めてから数ヶ月で利益を出し始める人もいますが、約9割の人が負けてしまう世界だということを、認識しておいた方がいいです。
そういうリスキーな取引をするよりも、安定的な運用を目指せるロボアドバイザーサービスの方が、安心して大事な資金を預けることができますので、この機会にロボアドバイザー口座の開設を、検討してみると良いでしょう。